益子参考館 円座⑨ 季節の庭しごと

開催日時 2021年2月28日(日)13時~15時

上ん台前庭にて

季節折々に表情を変え、様々な自然が息づく益子参考館の庭

かつては濱田家の生活の場であり、仕事の手を休める憩いの場でもありました

長い時を経て、木々は育ち、風景も少しずつ変化しています

今あらためて、この場所で、土、水、風を感じ草木とふれあうことで

自然や歴史とのつながりを感じるひと時になればと思います

庭仕事を中心に庭にまつわる手仕事も交えながら、

共に学び、共に遊ぶ時間を過ごしましょう

濱田が暮らしていた頃の庭の様子

[場 所] 濱田庄司記念益子参考館 

[参加費] 無料[入館料別途 大人800円 年間パスポートは2,000円]

[内 容] 参考館の庭のお話、庭木の手入れ、竹の柵作り 

[お願いなど]汚れてもよい暖かな服装でお願いします。軍手やタオル、マスクなどご自身でお持ちになられると助かります。雨天決行。荒天の場合は中止します。

[ご予約・お問い合わせ] 濱田庄司記念益子参考館
 TEL:0285-72-5300(月曜以外 9:30~16:30)
 メール:info.sankokan(a)gmail.com  (a)を@に変えてください
 ※ご予約制です。前日までにご予約ください。社会情勢により参加人数を制限する場合がございます。

この竹で柵を作ります
木の根元に風を通す作業
樹形を観ながら枝の剪定

◯「円座」とは人々が輪になって腰かけること。 濱田庄司は生前、かつて住まいであり制作の場であった、ここ益子参考館で、囲炉裏や工芸品を囲み輪になり友人・来客と分け隔てなく語り合っていました。その輪は濱田庄司の温和な人柄の記憶とともに世代を超えた今でもリンクしています。しかし、時を経て記憶は薄らぎいでゆきます。生涯をとおして濱田が伝えたかった感覚・空気を今、掘り起こす必要があると考えます。 「益子参考館円座」では、濱田の世界観を有している益子参考館という場所で、様々な角度からの文化的イベントを通じ新たなひとの輪をつくり、今に生きる私たちがあらためて物を見る眼や感じる心を養いながら再発見・共有していくことを試みます。